yellowlab♀87's memo vol.2

★ リロードでトップ画像がランダムに変わります。★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動物愛護フェスティバル2007

9月20日~26日は動物愛護週間です。
動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき、動物愛護週間が設けられています。
全国で、動物愛護週間には、地方自治体、関係団体が協力して、動物の愛護と管理に関する普及啓発のための各種行事を実施しているそうです。

みなさんの地域でもありましたか?

24日は、札幌でも 札幌市小動物獣医師会主催動物愛護フェスティバル2007 がありました。
テーマ「人と動物、ふれあえば仲間」
今年で4回目の開催だそうですが、lab87家は初参加でした。

缶バッチ

その場で、缶バッチ作っていただきました。


いろんなブースで、フードやサプリのサンプルかき集め!!
タダって嬉し~♪

オコチャマも楽しめるイベントです。
ヨーヨー
・・・17歳。。。


健康チェックのブースで、初・肛門しぼり体験。
肛門絞り

でも、出ませんでした。
はなは、便と一緒に排出されるようで、分泌物が貯まらない体質のようです。
以前、オヤジ自ら挑戦したことがありますが、上手くできなかったのは、貯まっていなかっただけなんですね。

久しぶりに親戚ワンズとの再会。
ソニアちゃん一家
愛ちゃん一家
はなは、どこ???

みんな元気で、幸せいっぱ~い!


少子高齢化、余暇の拡大で犬や猫などを飼う人が増え、世の中は、空前のペットブームです。
その一方、全国で年間約五十万匹の犬や猫が殺処分されているのも事実です。
「面倒を見切れない」、「引っ越しや転勤で飼えない」、などの理由で動物愛護センターや保健所に持ち込まれているのが現状です。

ペット飼育の問題点の六割は「捨て犬、猫が多い」・・・だそうです。

利益優先の商業主義が捨て犬や猫を生んでいるような気がします。
生き物というより商品?

日本では、ペットの店頭展示は当たり前ですが、欧米には、そんなペットショップはないという記事を読んだ事があります。
大勢の目にさらされる動物のストレスをなくし、客に衝動買いをさせないためからです。
動物の命を尊重する欧米の販売方法を見習ってほしい。

これからは、売る、買うという人の側のモラルが問われる時期ではないでしょうか。

ペットは商品ではなく、命ある者です。

・・・みたいな事を感じなければならない動物愛護週間。
関連記事
スポンサーサイト

| わんこのイベント | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yellowlab87.blog72.fc2.com/tb.php/138-b889cd35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT