yellowlab♀87's memo vol.2

★ リロードでトップ画像がランダムに変わります。★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

無事、終了。

みなさまへ。
たくさんの励ましの言葉と、応援ありがとうございました。
8日に入院し、9日に手術が無事終了しました。


市立病院


手術は13時30からの予定でしたが、前の患者さんの手術が長引き、呼ばれたのが15時になってからです。

全身麻酔の手術のため、朝食、昼食も食べることができずに、

「お腹が空いて死にそーっ!」 と、暴れる?一幕も。

手術前に余裕なのか?子どもなのか?

術前チェック!
血圧は、↑86mmHg の ↓ 50mmHg・・・。
まるで、新生児並みの血圧。
lie にとってはいつもの値です。

15時、ベッドで運ばれ手術室へ。
余裕?の lie も、この時ばかりは、なみだ目になっていました。
オヤジと 奥さんも。

普通は局部麻酔で済む、左眼球内の房水の流れを変える手術です。
60分で終わる手術ですが、lie は、全身麻酔のため110分の予定でした。

待合室で待つオヤジと奥さん。
「一昨日までの普通の生活が、夢のようだね。」
「当たり前の事が、当たり前でなくなるのって怖いな。」


17時10分・・・

「無事終わりましたよ~。」っと、看護士さんの声が。

lie がベッドで運ばれてきました。
予定よりかなり早く終了。

手術前に主治医からは、lie の左目に血管腫があるために出血がひどい場合もあるという説明がありました。
その心配していた出血もそれほどひどくなかったようです。

ベッドの上の lie は、意識はもうろうとしているようでしたが、しっかり反応していました。
ひと安心。

17時30分には、ベッドから起き上がり車椅子でトイレ。
腸も動き始めて、水分補給もできるまでに。

18時には、本日初めての待望の食事にありつけました。
19時30分には、うっとうしい点滴からも開放。

もう大丈夫だね♪

面会時間終了の20時に、「そろそろ帰るよ。」に、奥さんの手を掴んで離さない lie。

完全に、おこちゃまモード・・・。
結局、奥さんは付きそうことにして、オヤジは帰宅。


21時頃に、麻酔が切れて 「眼が痛い」 と、泣き出したそうです。
すぐに痛み止めの薬を飲んで落ち着き、そのまま就寝したそうです。

手術翌日の眼圧の検査は、14mmHg でした。

術前には、30mmHg以上あった眼圧。

これで、10年近くも朝、夕と2種類の点眼をしていましたが、その目薬ともおさらば出来る♪
関連記事
スポンサーサイト

| lie | 23:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT