yellowlab♀87's memo vol.2

★ リロードでトップ画像がランダムに変わります。★

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自在金具

自在金具の改造です。
いい感じー^^
画像は、改造後の自在金具。
いいんじゃない。

コールマン製3ポールスクリーンタープの付属品です。
3ポールスクリーンタープ
2004年購入のスクリーンタープ。 (画像は、まあぶオートキャンプ場にて。)

強風のとき、タープを設営する際に、張り綱で結び、自在金具でテンションをかけて自立させる重要なアイテムです。
これが、なかなか役に立たない。。。
だって、金具の穴径が、5.8mmに対して張り綱の太さが6mmって、どうなのコールマンさん!
張り綱にテンションかける以前に、金具の穴に綱が引っかかって全く張ることが出来ない。
付属品って、こんなもんか。
確かに、付属品のペグも使い物にならんけど。

2004年から使っていて今更って感じですが・・・。(別の張り綱を使っていたので、問題なし。)
使い物になるよう改造しました。
φ7キリ
金具の穴径を7mmに加工。
穴加工
面取り加工も忘れずに。
ビフォーアフター
                     【左】 加工後      【右】 加工前

完成
完成です。

次回、8月5日(土)のキャンプで、検証します。
スポンサーサイト

| DIY(ディー・アイ・ワイ) | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クールスパイダープロ

コールマンのグリルを購入しました。
クールスパイダープロ
オールステンレスボディーのクールスパイダープロ 。
レッド
うたい文句は・・・【通気性が良く燃焼効率の高いメッシュボディー】
まぁ~たしかにメッシュボディーで通気性が良さそうだけどさー。。。

肝心の炭焼き台は・・・。
ロストル
ただの箱じゃん。

申し訳程度の小っちゃい穴。
オールステンレス製
底面に凹凸を設けて、通気性を良くしようとする工夫はされているけど、実際に使用した結果は、想像通りの燃えなさ。

炭の継ぎ足しがしやすい引き出し式は、とても便利なんですがねー。

このままじゃー使えん。
燃焼効率を上げるため、通気口を加工。
メタルボーラー
メタルボーラーで穴加工。
φ30
ミヤナガのメタルボーラー 500。
穴径は、φ30
通気口
前面以外の外側から見える両側面6か所と後面4か所を加工。
側面
完成
完成♪

燃え具合は、深川市のまあぶオートキャンプにて検証します。

今月15日(土)、今シーズンの初キャンプです。

| DIY(ディー・アイ・ワイ) | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蛍光灯ランタン

7月に入り、キャンプシーズン到来。
そろそろ準備開始。

1995年購入の蛍光灯ランタン。
2980円
コールマンの Model 5344。
何度も修理しながらまだ現役で使っています。

接触不良を起こして点灯しなくなりました。
修理
接触不良
過去に何度も修理経験があるので、チャチャチャ~っと、不良個所をハンダ付け。
点灯
無事、点灯♪

LEDが主流の現代、蛍光灯ランタンって。。。
しかもたった8W(4Wx2本)の明るさ。
それに使用電源は、単1型乾電池が6本・・・っという効率の悪さ。

でも、愛着があるので修理しながら使い続けます。

| DIY(ディー・アイ・ワイ) | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はなの爪痕

ドアのレバーハンドルが壊れました。
レバーを下げてもロックが解除されなくなったので、分解。
ドア
ドア
築25年と半年。
爪痕
ハンドルよりドアの傷が痛々しい・・・。

これは、はなの爪痕です。
はなが、このドアから出るときにレバーを前脚でガチャガチャとやって開けるときに付いた爪痕。

レバー用ラッチ。
レバー用ラッチ
ラッチ
どうやらラッチが破損し、開錠できなくなったようです。
ラッチの披露破壊。

ホームセンターで、ラッチを購入。
新品
既設のレバーハンドルを組み込んで完了。
修理完了
全部取りかえれば・・・って、話ですが、使えるものは、まだ使います!

だよねー。
完成です。

| DIY(ディー・アイ・ワイ) | 12:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テニスラケット

ウィルソンのテニスラケットです。
テニスラケット
WILSON STAFF 6.5si 110
グリップテープがボロボロに劣化していたので、剥がしました。
相当古いラケットなので・・・。

グリップ
剥がしてみるとグリップの一部が欠損し穴ボコがっ!

こんな時は、グルーガンで補修。
グルーガン
補修
以前は、ディスクの補修によく使っていたグルーガンです。
グルーを凹んだ箇所に流し込んで、埋める。
完成
固まったら表面をサンドペーパーで滑らかにして完成。

元グリップを巻いたら充分使えるラケットになるでしょう。

| DIY(ディー・アイ・ワイ) | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT